春愁秋思

人は季節ごとに感じる思いがあるという。秋に感じる寂しい思い、そして春に感じる居ても立っても居られない、もどかしくて、やり切れない思い。

 

春といえば、新しいことが始まる期待と希望に満ちたワクワク感が一般的だけれども、春にだけ感じるもの悲しい気持ちというのも確かにあったりするもの。

 

学生の頃は学年が一つずつ上がり、成長しているんだと無理矢理にでも思い知らされたものだけれど、仕事に就くとそんな分り易いモノサシは無くなってしまう。毎年同じことの繰り返しでちっとも成長していない、成長どころか劣化してるんじゃないかと不安になったり、自分の中で謙虚な努力家と高慢な臆病者の間を行ったり来たり...

 

幸い今年の春はもの思いに耽っている暇も無いほど、充実した日々を過ごせています。特に食生活が充実しまくってます。美味しいものをお腹一杯食べていれば、拙い感傷なんて忘却の彼方へ吹っ飛んでいくようです。

皆さんもゼロプロで紹介したお店にぜひ足を運んでみてください。

 

ホワイトデーのお返しのことは記憶から消し去りたいMさくでした。